過去を振り返ってみるシリーズ episode1「この業界に入って~叔父の叱咤とS社長~」

せっかくコラムをスタートしたので僕の過去を振り返ってみようと思います。

突然ですが、今から約17年ほど前、僕は独立起業いたしました。

ですので業界は、24年ほどでしょうか。

僕は以前、6年8ヶ月ほど北進医療機器という会社に勤めてました。
今と同じ業種です。

当時は、車椅子にも様々な種類があることに驚いていました。
とても好きでお世話になった会社ですが、数年前になくなってしまいました。

大学を卒業しちょっとフラフラしている時期に

電気工事の会社を経営していた叔父から「ハローワーク行ってこい!」と叱咤され、ハローワークに足を運び見つけたのが北進医療機器でした。

緊張しながら迎えた面接当日。

ーーーー

S社長「こいつで決まりだな」
僕  「???」

ーーーー

といった感じで、無事入社が決まりました。

初めて出社し、社長とともに外勤へと行くことになりました。

その日の終わり頃「明日は昼からだからな」と言われ(え!?明日昼から!?)と内心喜んだ。

入社翌日から昼出勤なんて、なんと良い会社に入ったんだと素直に喜んだ。
そして帰宅後母に伝えると「良い会社だねえ!」と。

ところが…

次の日、僕の携帯電話が鳴りました。

S社長「今日どしたのよ」
僕「あれ今日はお昼からじゃなかったですか…?」
S社長「外勤のことだっぺやー!!」
僕「今から行きます!」
今思えば母ともにちょっとアホだったかもしれません。

当時は、焦りましたが、今となっては、良い思い出です笑

業界では有名なS社長。

僕はS社長が大好きで、いつも気にかけていてくれたのを今でも忘れることはできません。

独立起業した後も、いつもいつも心配してくれていました。

今思い返すと、叔父の叱咤、S社長がいなければ、今の僕はなかったでしょう。
とても感謝しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

episode2へ続く・・・

「有限会社ふくもり」の最新情報をお届けします