①車椅子「座王」の調整

シーティングはそんなに難しいものではありません。
この車椅子は座王という車椅子で、骨盤サポートベルトと背中のベルトで体の形状にあった調整が可能です。
ただ、調整をしないで座るとbeforeのような状態になります。
体は倒れ、足もプレートに乗っていません。
今回は、左右のパッドの位置も調整しました。
座るならできるだけ良い姿勢で座っていただくのが良いと思います。
身体の中も外も、目線も、そして心も前向きになれる一歩かもしれません。

②ヘッズアップのデモ

以前、youtubeでも紹介したことのあるヘッズアップという枕のデモを行いました。
日常、頭のコントロールがうまくいかず、左右や後ろへ倒れて(後屈と言います)しまうケースを検討します。

そもそもこの「ヘッズアップ(ウィットマイヤー)」という製品は、以前に紹介したことのあるサンライズメディカルジャパンさんの「ジッピーアイリス」という車椅子に取付することが大半ですが…

日頃、用具やシーティングについて学び実践している幌延の施設職員さんからのご相談で、「座王(日進医療器」に取付できないかとのご相談からデモを準備致しました。準備後、別のケースでも相談があったので、先立ってデモを行わせて頂きました。

写真のように通常の枕ですと、頭の保持がうまくできていないようです。
しかし、ヘッズアップですと収まりが良く、安定していた様子でした。
「意外に良いね」という理学療法士さんの言葉が嬉しかったです。

このようなシーティング製品の多くは、補装具の制度で認められているものです。
そして最初から作るわけではないので、簡単にデモを行いケース検討ができるのは大きなメリットだなと感じた瞬間でした。